HOME > 痩身エステについて > 勧誘の上手な断り方

一度家に持って帰って冷静に考えてみる

エステサロンも顧客獲得にやはり契約数を伸ばしていかなければなりません。それは当然のことです。
ですから、商品(痩身コースなどの)の説明はありますし、私たちも説明を受けるとその魅力に無理してまでも契約したいという思いが出てきます。
しかし、自分の経済状況を考えながら契約をしなければ後々解約することになったりしますので、即決はせずに一度家に帰って落ち着いて考えてみましょう。
ローンなど月々の負担が軽いものもありますが、よく考えてから契約することが重要です。

経済的に厳しい状況をアピールする

説明された痩身コースを上手に断ることって難しいですね。
既婚者であれば、ご主人の了承が出ないとローンを組むことはできないという断り方があります。
「旦那さんに内緒であればこっそりローンを組めばいい」というような勧誘をしてくることもありますが、財布の紐を握られているというアピールをすることで乗り切ることができます。
未婚者であれば、奨学金返済や車のローンなどがあり、新たなローンを組める経済的余裕がないというようなアピールの仕方はどうでしょうか?
いずれにしても、経済的余裕がないというアピールが一番の効果があるようです。

このページのトップに戻る